ハワイ・オアフ島ノースショア専門情報ガイド|ノースショア基礎知識

■Home > ノースショア情報 > ノースショア基礎知識 > 


海で安全に遊ぶ

海で安全に遊ぶ
ビーチのサイン&ライフガードの忠告には注意を
ビーチに立っている看板やライフガードの忠告にはご注意ください。海の水質が悪くなっている場合、海に近づくと危険な場合、波が小さくても流れが早く入ると危険な場合などなど、注意が必要なビーチには看板があります。その他にも、ライフガードが巡回し危険を知らせて回っている場合もあります。『人が海に入っているから大丈夫』と思わず、自分の目と耳でしっかり情報を確認して安全に遊んでくださいね。

死んでそうに見えるハチ
ビーチで死んでそうに見えるハチや、海に浮かんでいるハチは、まだ確実に生きていて、踏んだり、触ったりすると刺されます。みなさんご注意を・・・・。
刺されたときはライフガードに応急処置をしてもらってくださいね。

悪天候による水質の悪化
雨が続いた影響で川の水が海に流れ込むことがあります。
汚水が海に流れ込み、海の水質レベルがかなり下がったりした時。海に入ってしまうとばい菌が体に入ってしまい、何かしらに感染してしまうので、ビーチには立ち入り禁止のサインが出ています。
ただこのサイン。英語だけで書かれているので英語圏以外の観光客(日本人も含め)にはわからず、彼らは海に入っているとの記事がありました。
"KEEP OUT"=立ち入り禁止
の文字が大きく出ているのでそれを目安にするといいと思います。
みなさんも是非、海に入るときにはサインに十分に気をつけて下さいね。
サインがある時には海に入らないように。
海の色が泥色になっている時は衛生的に良くないだけでなく、濁った水はサメが好むコンディションでもあります(川から流れたものの中に、餌になるものが混じっているなどの理由から)。
こういうサメ情報、ニュースにはあんまり流れません。
観光で成り立っているハワイ州にとってこのような事件は大打撃になるからです。
なのでこのような時は泳ぎたくでも、泳がないようにご注意ください。

冬場のビーチは、浅瀬でも波が小さくても危険です
プロのサーファーでも命を落とすことがあるノースショアの海。
『小さい波だから』『浅瀬だから』とあなどらないでくださいね。
毎年冬になると大波を見に来た人がライフガードの忠告を聞かずに海に飛び込みアクシデントが起こったり、波打ち際で写真撮影をしている時に、たまたま大きくなった波にさらわれてしまうという事故も。
波が小さく見えても、威力はかなり大きいのが冬のノースの海です。
泳ぎに自信のない人は必ずライフガードのいるビーチで遊んでくださいね。
浅瀬で波に足元を取られたら、もう終わりです。
あっというまに流されます。
ノースショアに来たばかりの頃、海に背中を向けて貝を拾っていて
ロコから『海に絶対に背中を向けるな。いつも目で波をチェックしなきゃ』って言われました。
言われた時は正直『なんで?こんなに波が小さいのに??』って思いましたが、波には突如大きくなるものがあるというのを知ってなるほどと。
みなさんもロコやライフガードの忠告にはちゃんと耳を傾けてくださいね。
そしてハワイの旅がいつまでも楽しいものでありますように。

関連 YUKOブログ

YUKO
YUKOブログは「ユウコのノースショア ハワイライフ by ameblo」で更新中♪
最新のノースショア情報はこちらでチェック!


関連 ノースショア情報

steal.jpg

車上荒らし

残念なことですが多いんです 車上荒らしにご注意を! 残念なことですが、ハワイではこの系の事件が大変よく起こります。 トランクを車に積んだまま買い物に廻っている間に車上荒らし、盗難にあったという方もいます。
traffic.jpg

交通事情

散策の際は車にお気をつけください! 地元の人からよく聞くのが 『日本人は道路を横に並んで歩いているから危ない!!』 そうなんです。確かに、道は悪い!歩道がないところもたくさんある。ハレイワの街を"ホロホロ"(散策)すると・・・【続きを読む】

コメント

|注意|
ノース在住、2号YUKOのブログ グラススカートグリルの公式ブログ
ハワイ・オアフ島ノースショア地域 スタッフ厳選のおすすめ情報 ノースショアの良い所インタビュー!