ノースショアインタビュー!AD-NORTHSHORE.com

■Home > ノースショアインタビュー > Vol.01 Mark Swanson(マーク・スワンソン)/アーティスト

Vol.01 Mark Swanson(マーク・スワンソン)/アーティスト

掲載日:2006.11.05

Vol.01 Mark Swanson(マーク・スワンソン)/アーティスト
ハワイは憧れの場所。小さい頃からよくティキやフラガールの絵を描いていたんだ
スピルバーグやジョージルーカス監督の作品の映像を担当、CGデザイナーとしてハリウッドで大活躍したマーク・スワンソン氏。彼がハリウッドに別れを告げ、ここノースショアにやってきたのは2005年。現在はアロハワークショップを立ち上げ、フラガールやティキのイメージキャラクターの制作、イベント関連グッズの制作、グラススカートグラスのイメージを手掛けるなど、ここノースショアでも大活躍中。

Mark Swanson(マーク・スワンソン)作:YUKO インタビュー AD-N2号:
まずはイメージキャラクターありがとうございます!!
AD-Nの現地スタッフでインタビュアーの"スタッフ2号"のイメージキャラクターを、スワンソンさんに書いて頂きました!
かわいくてスタッフ一同お気に入りです。
これから、現地特集レポートで大活躍させて頂きますね!
では早速質問ですが、ハリウッドで成功なさっていたんですよね。
それなのに、なぜハワイに移住しようと思ったんでしょうか?

Mark Swanson(マーク・スワンソン) スワンソン:
ハリウッドに疲れちゃったんだ。クリスマスも誕生日もない。休みで休んでいても電話が入れば仕事にいかなくちゃいけない。そんな生活に嫌気がさしたんだ。それで退職。ハワイは休暇のつもりできた。僕の親戚もケリー(妻)の親戚も住んでるし、とにかくリラックスしたかったんだ。どれくらい滞在するかは全く考えてなかったな。

AD-N2号:
ハワイに来たのが2003年5月。同年の12月には、アロハワークショップを立ち上げてますよね?確かここには休暇の予定では・・・。どんなきっかけでアロハワークショップを立ち上げることになったんですか?

Mark Swanson(マーク・スワンソン) スワンソン:
ははは(笑)。まさか自分がこのハワイで何かを立ち上げて仕事をするなんて考えてなかったよ。なんせ来た目的はリラックスだからね。だから誰よりもこのことに驚いているのはこの僕自身さ。知り合いに頼まれてノースショアニュースの広告や、ライエのショッピングセンターの広告をやったんだ。それがジョニー(グラススカートグリルのオーナー)の友達の目にとまり。そしてジョニーに伝わり、ついにはかれのお店の広告まで作った。そして2003年12月にはもうアロハワークショップを立ち上げ、働いていた。
いや、本当に僕はここにリラックスしにきたはずなんだよ(笑)

Mark Swanson(マーク・スワンソン) AD-N2号:
どこにいっても才能のある人はほっとかれないってことですね。
でも、ハワイとハリウッドでは、仕事のやり方など様々な違いがあるのでは?

スワンソン:
そう全然違う。なんせここでは自分の本当に好きなことができる。それが何よりもうれしいね。ハワイに来てからデザインに使う色が変わったんだ。明るい色になってね。これにはとっても驚いたよ。だって過去15年ほど変わっていなかったから。

AD-N2号:
スワンソンさんの作品には、フラガールやティキがよく登場しますよね?

Mark Swanson(マーク・スワンソン) スワンソン:
小さかったころ、ハワイは憧れの場所だったんだ。南カリフォルニア全体がハワイブームでね。60年代の話だけど。どこに行ってもティキはあったしフラガールもいた。僕の家に庭にも何個もティキがあったな。小さい頃から絵を書くのが好きだったからよくティキやフラガールの絵を描いていたんだ。だから今回も当然の成り行きかな。
今の仕事は楽しいね。時間さえあれば何か描いている。僕にとって絵を描くことは遊びに過ぎないんだ。こうやってスケッチブックをもってペンでグルグルグルグル、グルってすっごい楽しい!!

AD-N2号:
スワンソングッズは、ノースショアでは下記お店で購入できます。
■グラススカートグリル
■ストロングカレント

インタビュー後
少年のように目を輝かせて語ってくれたスワンソンさん。素敵な笑顔がとても印象的でした。そんな彼は何やら大きなプロジェクトを抱えている様子。聞いても『シークレット!!』としか教えてくれません。でも、そのプロジェクトは何やら一年後を目安に進められているようです。なにが起こるかわかりませんが、楽しみに待っていましょう。彼のグッツはノースショアではストロング・カレント、グラススカートグリル、日本ではソニープラザで限定販売中。商品詳細についてはオフィシャルHPでご確認ください。

スワンソン・Official HP:
http://www.alohaworkshop.com/(アロハワークショップ)

スワンソン・Activity:
■スピルバーク作品『An American Tale』
■スピルバーク&ルーカス作品『Land before Time』
■MGM'S『All dogs go to Heaven』
■ハワイ雑誌『Lani Hawaii』カバー
■『North Shore Sunset on the beach/2005年7月』ポスター、Tシャツ、ハンドバックなど関連グッズ
■その他多数

Emiko 岩藤夕子(YUKO IWAFUJI)AD-N2号/AD-NORTHSHORE.comハワイ現地スタッフ
中学校からの夢”ビーチがあって英語を話すところに住む”を実行に移すため、日本在住中に英語を使う仕事を渡り歩き2002年に渡ハ。以来、現在までノースショア在住。2005年にAD-NORTHSHORE.COMを立ち上げる。現在日本の雑誌などでライターとして、ネットTVのナビゲーターとしても活躍中。
YUKOのノースショアブログ   ■ノースショア・コーディネートのご依頼はこちら

関連 ノースショアインタビュー

Heather_img1.jpg

Vol.18 Heather Brown(ヘザー・ブラウン)/アーティスト

あのとき、自分にチャンスを与えてなかったら・・・きっと今頃まだ幻を探してたと思う。 コクアフェスティバル、ハレイワアートフェスタ、トリプルクラウン(彼女のサイトで公開)そしてRip Curlと次々に仕事を引き寄せるハレイワの人気アーティストHeather Brown(ヘザー・ブラウン)。その人気をまったく鼻にかけず、誰・・・【続きを読む】
orchidshow_img1.jpg

Vol.15 第54回クニア オーキッド ショー

第54回クニア オーキッド ショー in ワヒアワ 今回は趣向を変えて、ハワイでも人気のオーキッドショーレポートをお届けします!毎年この時期になると開催されるオーキッドショー。 今まではクニアで開催でしたが、今年から土地の問題でワヒアワへ移動になりました。だから名前も第54回 クニア オーキッド ショーなのです。 by・・・【続きを読む】
ryansbp_img1.jpg

Vol.12 ノースショアのロコ流お誕生会/豚を丸焼きの巻

何歳だってありなのです!生まれも育ちもオアフノースショアの完全ロコボーイのお誕生日会 ハワイでの(アメリカでの)お誕生日会は大きく分けて二通りあります。本人には内緒でビックリさせるサプライズパーティと、お誕生日の本人がパーティの企画・主催をするパターンです。どちらも共通しているのが、アメリカでは何歳になっても誕生日を楽・・・【続きを読む】
walter_img1.jpg

Vol.10 ウォルター山田/純粋な日本の血を引くハワイ日系3世

子供の世代はアメリカの文化の影響が強くってね。悲しいけど、時代の流れなのかな。 今回は日系3世のウォルター山田さん。多種多様な人種が集まるハワイ。以前は、各人種の割合がはっきりと数字で表れていましたが、異人種同士の結婚、国際結婚が一般的となった現在では人種間のミックスが多くなり、純粋な血を引く4世以降が少なくなっていま・・・【続きを読む】

コメント

|yuko|スワンソン|
ノース在住、2号YUKOのブログ グラススカートグリルの公式ブログ
ハワイ・オアフ島ノースショア地域 スタッフ厳選のおすすめ情報 ノースショアの良い所インタビュー!