ノースショアインタビュー!AD-NORTHSHORE.com

■Home > ノースショアインタビュー > Vol.02 突撃ハワイの晩ご飯!/ラウラウパーティー編

Vol.02 突撃ハワイの晩ご飯!/ラウラウパーティー編

掲載日:2006.11.06

Vol.02 突撃ハワイの晩ご飯!/ラウラウパーティー編
出来上がるまで飲んで飲んで飲みまくる!作るのも待つのも、そして食べるのも楽しい。
ロコの人たちが普段どのような生活をし、何をして遊び、何を食べているのか興味を持った人も少なくないのでは??でも実際、そんなロコの本当の生活ぶりは雑誌やメディアではなかなか紹介されないもの。今回お邪魔したのは、ノースショア・ワイアルアに住むライアンさんのお宅。お友達が集まってハワイ伝統の料理"ラウラウ"を作るとのことで、行ってきました!!

インタビュー AD-N2号:
こちらのお宅で今日は、なんだか普通の晩ご飯というより、友人が集まってを楽しむのだそう。
そんな情報を入手したからには取材せねば!早速インタビュー開始!
今日は何の集まりなんですか?
Vol.2 突撃ハワイの晩ご飯! ライアン:
今日はみんなで集まって"ラウラウ"を一から作る予定なんだ。これは友達のKIM(キム)のアイディアなんだ。みんな好きな具を持ち寄って、豚肉とか鶏肉とか、スィートポテトとかたまねぎとか、そうそうポルティギーソーセージもかかせないね。
それで好きな具を好きなだけ入れて自分オリジナルのラウラウを作ろうってね。
そして蒸している間はみんなでパーティ!(笑)飲んで、歌って、踊ってってね。

Vol.2 突撃ハワイの晩ご飯! AD-N2号:
わーーーーーお。すっごい楽しそうですね。
でも、ラウラウってハワイアン料理の"ラウラウ"ですよね?
あれをイチから作っちゃうんですか??どんな材料が必要なんでしょう?
ライアン:
そうイチから作る。けっこう簡単なんだよ。
用意するのは、具のほかにティーリーフと、ルアウリーフ(タロの葉)。そうそう、風味付けにバターフッシュ(イボダイに似た白身の魚)の塩漬けも忘れずにね。ラウラウは、豚肉や鶏肉をバターフィッシュと一緒にルアウリーフで包んだものを更にティーリーフで包んで、蒸し焼きにしたもの。好みによってさつまいもやたまねぎなどを、入れる人もいるよ。

Vol.2 突撃ハワイの晩ご飯! AD-N2号:
へぇえええええ。なるほど〜。美味いラウラウを作るコツってあるんですか?

ライアン:
コツは長時間蒸すこと。ルアウリーフにはイガイガするような、痒くなるような成分が入っているんだ。よく加熱しないとこれが葉に残って喉が痒くなる。だから最低でも2時間くらいは蒸すこと。

AD-N2号:
2時間も!!そんなに待ってたら、退屈しちゃいませんか?

ライアン:
なに言ってんの!この時間はドリンキング・タイム!出来上がるまで飲んで飲んで飲みまくる!(笑)
これが楽しいんだよ。作るのも楽しい、待つもの楽しい、そして食べるのも楽しい。いいこと尽くめでしょ?

AD-N2号:
ルアウリーフはなんとなくほうれん草のような味。この葉はビタミンCとビタミンAが豊富なんだとか。葉がやわらかいことはもちろん、中の豚肉も箸で簡単にきれるくらいやわらかい!!
バターフィッシュの塩味が全体にいきわたっていてなんとも美味。お好みでタバスコをかけてもおいしい。長時間待っていた甲斐がありました。ご飯がほしくなってしまう、そしてビールになんとも合うこのラウラウ。みなさんもハワイにきたら是非お試しあれ。

インタビュー後記
明るく楽しそうにラウラウについて語ってくれたライアンさん。
本当に楽しい時間をありがとうございました!
待つ時間も集まった仲間で楽しく過ごす。こういう雰囲気がとってもハワイって気がしました。

気の合う仲間が集まって、皆で一緒に何かをするのは、それだけで楽しいですよね。 昔の人もこうやって、のんびりと楽しみながら、料理が出来上がるのを待っていたんでしょうか・・・?
焦らず、時間を気にせず、ただ友達と美味しい物を食べて飲んでリラックス、そして楽しいおしゃべり。
ハワイアンタイムに身を任せ、のんびり・ゆったり心穏やかな時間を楽しむ。
こんなハワイの過ごし方はいかがでしょう?

Emiko 岩藤夕子(YUKO IWAFUJI)AD-N2号/AD-NORTHSHORE.comハワイ現地スタッフ
中学校からの夢”ビーチがあって英語を話すところに住む”を実行に移すため、日本在住中に英語を使う仕事を渡り歩き2002年に渡ハ。以来、現在までノースショア在住。2005年にAD-NORTHSHORE.COMを立ち上げる。現在日本の雑誌などでライターとして、ネットTVのナビゲーターとしても活躍中。
YUKOのノースショアブログ   ■ノースショア・コーディネートのご依頼はこちら

関連 ノースショアインタビュー

Heather_img1.jpg

Vol.18 Heather Brown(ヘザー・ブラウン)/アーティスト

あのとき、自分にチャンスを与えてなかったら・・・きっと今頃まだ幻を探してたと思う。 コクアフェスティバル、ハレイワアートフェスタ、トリプルクラウン(彼女のサイトで公開)そしてRip Curlと次々に仕事を引き寄せるハレイワの人気アーティストHeather Brown(ヘザー・ブラウン)。その人気をまったく鼻にかけず、誰・・・【続きを読む】
orchidshow_img1.jpg

Vol.15 第54回クニア オーキッド ショー

第54回クニア オーキッド ショー in ワヒアワ 今回は趣向を変えて、ハワイでも人気のオーキッドショーレポートをお届けします!毎年この時期になると開催されるオーキッドショー。 今まではクニアで開催でしたが、今年から土地の問題でワヒアワへ移動になりました。だから名前も第54回 クニア オーキッド ショーなのです。 by・・・【続きを読む】
ryansbp_img1.jpg

Vol.12 ノースショアのロコ流お誕生会/豚を丸焼きの巻

何歳だってありなのです!生まれも育ちもオアフノースショアの完全ロコボーイのお誕生日会 ハワイでの(アメリカでの)お誕生日会は大きく分けて二通りあります。本人には内緒でビックリさせるサプライズパーティと、お誕生日の本人がパーティの企画・主催をするパターンです。どちらも共通しているのが、アメリカでは何歳になっても誕生日を楽・・・【続きを読む】
walter_img1.jpg

Vol.10 ウォルター山田/純粋な日本の血を引くハワイ日系3世

子供の世代はアメリカの文化の影響が強くってね。悲しいけど、時代の流れなのかな。 今回は日系3世のウォルター山田さん。多種多様な人種が集まるハワイ。以前は、各人種の割合がはっきりと数字で表れていましたが、異人種同士の結婚、国際結婚が一般的となった現在では人種間のミックスが多くなり、純粋な血を引く4世以降が少なくなっていま・・・【続きを読む】

コメント

|yuko|
ノース在住、2号YUKOのブログ グラススカートグリルの公式ブログ
ハワイ・オアフ島ノースショア地域 スタッフ厳選のおすすめ情報 ノースショアの良い所インタビュー!