ノースショアインタビュー!AD-NORTHSHORE.com

■Home > ノースショアインタビュー > Vol.04 Kalani Robb(カラニ・ロブ)/プロサーファー

Vol.04 Kalani Robb(カラニ・ロブ)/プロサーファー

掲載日:2006.11.06

Vol.04 Kalani Robb(カラニ・ロブ)/プロサーファー
パイプはやっぱりいいね。怖いから波のデカイ日はうまい奴しかいない。それがまたいいんだよ。
人気プロサーファーでありながらフレンドリーな人柄で、皆に愛されるカラニ・ロブ氏。17才のデビュー以来11年間に及ぶプロ生活に終止符を打ち、引退を表明。X-GAMEの大会などには今後も参加予定ですが、今年のパイプラインマスターでワールドツアーの出場は最後。「今後はサーフトリップを楽しむ!」という彼のパイプラインでの姿は、ぜひお見逃し無く! 10月に日本で発売されたDVD『ロードショー3』は、出演だけではなく解説・編集まで参加した意欲作。カラニファンは要チェック。

Vol.04 Kalani Robb(カラニ・ロブ)/プロサーファー ↑サーフマガジンにちゃっかりサインをお願いし、サイトでのプレゼントにしようと考えた2号。快く引き受けてくれたカラニだが、書けるペンがなく断念・・・。
インタビュー AD-N2号:
今日は12月6日(2005年)、トリプルクラウン・オブ・サーフィン真っ最中!8日から始まるパイプラインマスター直前のカラニ氏にインタビューさせていただける事になりました。
かな〜りドキドキですが、突撃インタビュー行ってきます!
初めまして、お会いできて光栄です。お忙しい中お時間を作って頂いて本当にありがとうございます。
カラニ:ノープロブレム!!(笑顔)

AD-N2号:
早速ですが、ご自身も出演されているサーフDVD"ロードショー3"が日本で大人気。 既に売り切れの所もあると日本のスタッフに聞いたんですが。
カラニ:
そうなんだ!拓のムービーでしょ?それはすごく嬉しいな。拓とは長いこと友達だから。

AD-N2号:どういう流れで、お友達の堀江拓さんとあのムービーを作ることになったんですか?
Vol.04 Kalani Robb(カラニ・ロブ)/プロサーファー カラニ:
あれは拓のアイディアなんだ。
以前から、こういうことしたいねって話していて、それが実現したんだ。
拓が俺たちのサーフトリップについてきて撮影してたんだけど、彼は本当に信用できる奴だから出来たんだよ。
AD-N2号:
なるほど。信頼関係のある、拓さんだからこそ作る事が出来た貴重なムービーなんですね。
カラニさんが、プロサーファーになろうと思ったきっかけって何だったんでしょう?
カラニ:
プロになったのは17歳の時なんだけど、きっかけはやっぱりお金でしょ?
だって自分の死ぬほど大好きなサーフィンして生活がしていけるんだよ。これ以上のことはないっしょ。

AD-N2号:そうですよねぇ(笑)。サーフィンは誰に教わったんですか?
カラニ:
(笑)実はね、僕が5歳くらいの時のベビーシッターの人が、その当時あるプロサーファーのことが好きでね。自分が海に行きたいもんだから、僕にサーフィンを教えるって口実で海に毎日行ってたんだ。すごいっしょ?彼女的にはそうしたらベビーシッターもしていることになるし、海に行って好きな人にも会えるしね。全く・・・。

Vol.04 Kalani Robb(カラニ・ロブ)/プロサーファー AD-N2号:
えっつ!!サーフィン始めたきっかけって、そんなんだったんですか?ベビーシッターさんが好きな人に会う口実にサーフィンを教えていたら、あなたがプロになっちゃった・・・と。人生何が起こるかわからないもんですねぇ〜。
カラニ:
ねぇ〜。でもそのベビーシッターの彼女は、その後うまくそのプロサーファーと付き合ったらしいよ。
AD-N2号:あらまぁ、素敵。
カラニ:ははっ。

AD-N2号:ハワイにいるときは主にどこでサーフィンをしているんですか?
カラニ:
波がよければどこでも行くよ。一番のお気に入りはパイプ。だけど、最近は混みまくっているからそんなに行ってないなぁ。パイプはやっぱりいいね。波がでかいから怖い。怖いから波のでかい日はうまい奴しかいない。それがまたいいんだよ。
フリーで楽しむためにサーフィンするならバリも最高!でも最近行ってないなぁああ。

AD-N2号:
サーフィン好きな人は興味あると思うんですけど、サーフィンの為に普段どんなトレーニングをしてるんですか?
カラニ:
えっ?(やばっってカンジの顔)この頃してないなぁぁ。よくないねぇ(苦笑)。
でも、この時期はジムなんかにいかないでサーフィンすることがトレーニングかな。だって折角いい波が立っているのにジムなんかにいたらもったいないでしょ。

Vol.04 Kalani Robb(カラニ・ロブ)/プロサーファー ↑水を買いにHaleiwa Super Marketへ。ここでも会う人皆にフレンドリーな挨拶。飾らない、気さくな雰囲気。
AD-N2号:
サンセットの大会が終わって、今年残すはパイプラインマスターズだけですね。その後はどうする予定なんですか?引退したらしたら、何かしたい事ってありますか?
カラニ:もう引退したんだよ。

AD-N2号:えっ??だってパイプ出ますよね?
カラニ:
そう。それで終わり。X-GAMEとかの大会は出るけど、とりあえずは引退。
これからはサーフトリップを楽しむよ。

AD-N2号
そうだったんですか?勉強不足でごめんなさい・・・。全く知りませんでした。トリップにはどちらへ? 
カラニ:
いろんなとこ。今回は日本にちょっと長居しようかなって思ってる。
日本はいいね。かっこいい。

AD-N2号:そう言ってもらえると、嬉しいですね。日本ではどの辺で波乗りを?
カラニ:
リバーマウスが好きだからそれがあるところならどこでもいくよ。
日本の文化とか技術はいいね。世界全体で着るものとか立ち振る舞いとかが西洋化・アメリカ化しているけど、すべてをコピーするんじゃなくて、日本人らしさ・自分らしさを是非保ち続けていってほしいよ。だって日本の文化や習慣はクールだからさ!

AD-N2号:そうですね、自分の国に誇りを持ちたいですよね。
カラニ:
そう!例えば日本人の女の子がアメリカ人の子の真似をする。格好だけじゃなくて、言葉遣いや、態度なんかもね。もったいないよぉ。日本の謙遜するっていう文化は僕はすごく好きだからね。

Vol.04 Kalani Robb(カラニ・ロブ)/プロサーファー AD-N2号:
今日は、長い時間お付き合い頂いてありがとうございました!
最後に日本のファンにメッセージをお願いします。
カラニ:
ハワイに来たときは僕の母の店"Northshore Under Ground"に寄ってみて!
ここは母が買い付けたいろんなブランドのいいものだけが集まっているし、僕のスポンサーグッツも置いてあるんだ。僕もハワイにいるときは毎日ここに顔を出すんだよ。母の顔を見にきたり一緒にランチしたりね。
See you when you get here!
※こちらのお店は2006年8月に閉店しました。

インタビュー後記:
有名人でありながら本当にフレンドリーなカラニ。この日も忙しい日程の中、私たちのために時間を作ってくれたのにもかかわらず終止笑顔でした。彼のお母さまのお店『Northshore Undergound(閉店しました)』の外でインタビューをしたのですが、インタビュー中も彼のファンがきて写真を求めることも。また"ちょっと喉がかわいちゃったなぁ。水買いに行こうよ"ととっても気さく。そして行った先haleiwa super marketでも会う人会う人にも気さくな挨拶。本当に誰からでも愛される人柄だなって思いました。ノースショアアンダーグランドの取材の際も幾度となく顔を見せにきたカラニ。本人が言うように本当に毎日のように顔を出しにきているようです。ここにくればカラニにも間近で会えるかも・・・。
12月8日から始まるパイプライン、みんなでカラニを応援しましょう!

カラニ・ロブ・Activity: 1977年2月2日生まれ
ハワイ・オアフ島、ノースショア産まれのノースショア育ち
数々のサーフ大会に出場し、WCT出場回数11回、WCTリオ・サーフインターナショナルでの優勝など好成績を収め、日本にもファンの多い人気プロサーファー。

カラニ・ロブ・出演の最新DVD「ロードショー3」:
ハワイ在中のカメラマン兼プロデューサー堀江拓氏がリリースするショート・ボードDVD、ロードショー・シリーズの最新作。2004年から2005年にかけて日本、ヨーロッパ、ハワイ、オーストラリアで撮影され、ケリー、ブルース、カラニ、純、ドリアン、ベンジーワンデーシークレットセッションや、カラン兄弟、デーン・レイノルズを収録。カラニ氏がプロサーファーを詳しく解説する映像や、カラニ氏自ら編集した地元ノースショアシーン、日本やハワイで撮影されたケリーのシークレットシーンなど、見逃せない映像満載のDVDです。

Emiko 岩藤夕子(YUKO IWAFUJI)AD-N2号/AD-NORTHSHORE.comハワイ現地スタッフ
中学校からの夢”ビーチがあって英語を話すところに住む”を実行に移すため、日本在住中に英語を使う仕事を渡り歩き2002年に渡ハ。以来、現在までノースショア在住。2005年にAD-NORTHSHORE.COMを立ち上げる。現在日本の雑誌などでライターとして、ネットTVのナビゲーターとしても活躍中。
YUKOのノースショアブログ   ■ノースショア・コーディネートのご依頼はこちら

関連 YUKOブログ

YUKO
YUKOブログは「ユウコのノースショア ハワイライフ by ameblo」で更新中♪
最新のノースショア情報はこちらでチェック!


関連 ノースショア情報

triplecrown_img1.jpg

Billabong Pipeline Masters/パイプラインマスターズ

パイプラインで開催されるトリプルクラウンの第3戦 世界トップレベルのプロサーファーが集結する大イベント「トリプルクラウン」。最終戦となるのが「Billabong Pipeline Masters」、最強のバンザイパイプラ・・・【続きを読む】
vans_world_cup_of_surfing_img1.jpg

Vans World Cup of Surfing/ヴァンズワールドカップ

サンセットビーチで開催されるトリプルクラウンの第2戦 世界トップレベルのプロサーファーが集結する大イベント「トリプルクラウン」。第1戦のReef Hawaiian Proに勝ち残った選手が、サンセットビーチで開催される「・・・【続きを読む】
reef_hawaiian_pro_img1.jpg

Reef Hawaiian Pro/リーフハワイアンプロ

ハレイワ・アリィビーチで開催されるトリプルクラウンの第1戦 世界トップレベルのプロサーファーが集結する大イベント「トリプルクラウン」。First Jewel と呼ばれる最初の戦いが「Reef Hawaiian Pro」、・・・【続きを読む】
triplecrown_img3.jpg

Triple Crown of Surfing/トリプルクラウン オブ サーフィン

最も盛り上がるサーフ大会!ワールドツアーの最終地ノースショア 11月から12月にかけて行われるこの大会は11月がハレイワアリィビーチ(リーフハワイアンプロ)、そしてサンセットビーチ(ワールドカップ)へと続き、最後は最強の・・・【続きを読む】

関連 ノースショアインタビュー

coco_img2.jpg

Vol.25 Coco Ho(ココ・ホー)/プロサーファー

父と叔父がサーフィン界で偉大な人物だってことに気がついたのは最近のことなの。草野球で勝ったんだな、みたいにしか捕らえてなかった。(笑) カエルの子はカエルっていうけど、まさにパイプマスターズのお父さん(マイケル・ホー)と、叔父さん(デレック・ホー)の血を継いで、今は世界のトップツアーで活躍中のCoco Ho(ココ・ホー・・・【続きを読む】
Alexandra_img2.jpg

Vol.23 Alexandra Florence(アレキサンドラ・フローレンス)/ジョンジョンのお母さん

相手は子供よ。押し付けられたら逃げ出すでしょ、絶対に。本人に任せて楽しんでもらっているうちに今の位置に到着してた。 同じノースショアに住んでいながらも話すらもした事のない女性サーファーがいました。 彼女の方は私を知らないと思う。でも、私は彼女を知っていました。知っていたどころか、私にとって気になる存在だったんです。同じ・・・【続きを読む】
becky_img1.jpg

Vol.22 ベッキー・ジョンソン/サンセットビーチ小学校の先生

60年代は、住民も今に比べて少なかったし観光客も少なかった。会う人、会う人、知ってる人のような時代(笑) 今回は優しい笑顔がトレードマーク、ノースショアのローカルキッズをサンセットビーチ小学校で教えるベッキー・ベンソン先生。実は知る人ぞ知る。元ワールドツアー3位の実力の持ち主。しかもリーシュコードが無い時代から、大波に・・・【続きを読む】
tanaka_img1.jpg

Vol.20 田中秀吉/プロサーファー

パイプとか滑れる様になりたい。バックサイドだけどあのチューブに入れたら気持ちいいだろうな。 今回のインタビューは田中秀吉プロ(以下田中プロ)。ビラボンを始め数社とのスポンサー契約を持ち、JPSA(日本のトップサーフィンツアー)の2006年チャンピオンでもあるトッププロ。 今回のインタビューの中で出てくるオフザウォールで・・・【続きを読む】

コメント

|yuko|サーフィン|トリプルクラウン|
ノース在住、2号YUKOのブログ グラススカートグリルの公式ブログ
ハワイ・オアフ島ノースショア地域 スタッフ厳選のおすすめ情報 ノースショアの良い所インタビュー!