ノースショアインタビュー!AD-NORTHSHORE.com

■Home > ノースショアインタビュー > Vol.06 Kala Alexander(カラー・アレクサンダー)/プロサーファーetc

Vol.06 Kala Alexander(カラー・アレクサンダー)/プロサーファーetc

掲載日:2006.11.06

Vol.06 Kala Alexander(カラー・アレクサンダー)/プロサーファーetc
自分が他人から扱われたいように、その人を扱う。それが『RESPECT』
ノースショアを一躍有名にした映画『ブルー・クラッシュ』。この映画に実名Kalaで登場したことで人気急上昇のカラー・アレクサンダー氏。出演以前からサーフィンをする人で、彼の名前を知らない人はいない程ノースショアの顔的存在。映画の印象からギャングと勘違いさてしまう事も多いようですが、実は彼等の活動によって海の中の安全が守られていることをご存知でしょうか?彼等ならではの哲学に基づいたノースショアのビーチ&サーファーを守る活動についてなど、The Wolfpakのリーダーとしても活躍の素顔を少しだけご紹介します。

Vol.06 Kala Alexander(カラー・アレクサンダー)/プロサーファーetc インタビュー AD-N2号:
映画"Blue Crush"の存在感ある地元ロコサーファー役でお馴染み。今のノースショアの顔とも言うべきカラーにインタビューをお願いしました。
今回はお時間を頂きましてありがとうございます!
いきなりなんですが、悪く思ったらごめんなさい。日本人も含め、あなたのことをギャングのような存在と思っている人もたくさんいると思うのですが、それについてはどう思いますか?
Vol.06 Kala Alexander(カラー・アレクサンダー)/プロサーファーetc カラー:
(苦笑)俺はギャングなんかじゃない。あの危険なパイプで、サーフ好きな奴ら皆が安全にサーフィンが出来るように、ルール違反するやつらがいたら、それに対して立ち上がっているだけ。そいつがロコだろうが、本土の人間だろうが関係ない。その波に乗る権利のある奴の波を邪魔した奴がいたら、そいつをやっつける。ただそれだけのことさ。

Vol.06 Kala Alexander(カラー・アレクサンダー)/プロサーファーetc AD-N2号:
波に乗る権利があるのが日本人で、それを邪魔したのがロコだった時は、そのロコをやっつけるってことですか?
カラー:
当たり前。日本人だろうがそうじゃないかは関係ない。みんながサーフィンをする権利がある。うまい下手は別にしてな。っうか、日本人は問題ないよ。ワキタ(※1)とか、ナオ(※2)とかは本当にいい奴だ。いい友達だよ。みんながあいつらみたいにRESPECTできる人間だったら海の中のケンカもだいぶ減るのにな。

(※1)ワキタ:プロサーファー脇田貴之(わきた たかゆき)/(※2)ナオ:プロサーファー小川直久(おがわ なおひさ)

AD-N2号:
そういう風に聞くと同じ日本人としてなんだかうれしいですね。ところで、ノースショアのサーファーからよく『RESPECT』って言葉をよく耳にするんですが、あなたにとっての『RESPECT』とは?
カラー:
自分が他人から扱われたいように、その人を扱うこと。それが『RESPECT』。
俺が育ったカウアイの地元では年上の人が厳しかった。ドロップインなんかしたらすぐに怒鳴りつけられる。波を独り占めしない。そうやってサーフィンのもっとも基本的なことを体で教わったんだ。彼らには感謝してるよ。
俺が今していることは全部、昔に俺が教わったことなんだ。

Vol.06 Kala Alexander(カラー・アレクサンダー)/プロサーファーetc AD-N2号:
なるほど〜。そうやって海の中が安全になるようにしているわけなんですね。
カラー:
そうさ。俺や『WOLFPAK』が出来る前は海の中、とくにパイプはすごかった。
ケンカ、ルール違反だらけ。だからパイプはいつもてんぱってたよ。

AD-N2号:
その『WOLFPAK』ですが、1993年にあなたがリーダーで始めたものですよね?どういったものなんですか?
カラー:
『The WOLFPAK』はクラブみたいなもの。カウアイのロコボーイの集まりさ。

AD-N2号:どういう活動を??名前の由来は??
カラー:
WOLF(狼)のPAK(集まり)だよ。狼は家族を守るだろ?それと同じさ。もし誰かが自分の仲間(家族)を傷つけようもんなら、だまっちゃいない。俺たちが教わってきた姿勢・態度をここオアフでも実行しているだけのこと。 その他にもビーチクリーニングもするし、将来的にはキッズサーファーの手助けもしたいね。

AD-N2号:例えば、キッズサーファー育成の為の募金活動をしたり?
カラー:
それもあるけど、俺はいろんなところに顔が利くから、それを活かす。俺が一本電話すれば何かにつながることがある。
例えばまだそいつがまだ子供で、でもいいライディングするとする。そしてそいつにはまだスポンサーも何もついていなかったとするだろ?で、俺が"HEY!こんな奴がいるんだけど、ちょっと見てみないか?"ってふうにすれば、そうすれば何かにはなる。

AD-N2号:
さすが。カラーだからこそできる事ですよね。そうやってここノースではサーファーが育っていくんですね。
今回はいろいろとお話を聞けて参考になりました。怖かったあなたのイメージも大分払拭されました(笑)
これからもこのきれいなノースがノースショアのままでいられるよう、ビーチを守って行く活動がんばってください。
次回は是非、参加させて頂きます。
今日はお忙しい中ありがとうございました!

※写真は全てKala Alexanderオフィシャルサイトより、ご本人の承諾を得て借用したものです。著作権等は全てKala Alexanderに帰属します。

インタビュー後記:
かなり強面の彼。以前から知り合いでなかったらきっとインタビューもしり込みしてしまいそうなオーラが常に流れているKala。今回はそんな彼の考えに触れることができて貴重な経験をしたかな。いつもムチャクチャにやっていそうな彼も話を聞けば、実はそうじゃなかったんだって部分もあり。インタビューは彼の自宅で行ったんですが、その彼の部屋には今はまっている写真の数々が。なかでもバリで取ったという木が生い茂る風景の写真はとっても新鮮で、あのKalaが?って以外だった部分も。自分が彼に対して何をしていなくても、ちょっとおっかないと思ってしまう存在だけれど、こういう存在があるからこそ、ノースは成り立っているのかなって思ってみたり。私はサーフィンをしないのでわからない部分もありますが・・・。みなさん、海でのトラブルには是非お気をつけ下さい。

カラー・アレクサンダー・Official HP:
www.kalaalexander.com

カラー・アレクサンダー・Activity:
■職業:プロサーファー、The Wolfpakのリーダー、イベントプロデュース
■出身:カウアイ島
■スポンサー:Da Hui
Da Huiの設立者 Eddie RothmanとKalaとは、本当の親子のような関係。Eddieの息子、Makuaとも親友同士という間柄。
■出没場所:主にパイプライン、Volcom House、パーティ会場
■サーフィン以外にはまっていること:
写真を撮ること。不動産資格を取るため、ただ今猛勉強中。あとはパーティ(インタビューの日も"明日ブレイカーズで俺が企画したディスコパーティがあるから来いよ"とのこと(笑))

カラー・アレクサンダー主催の"The Wolfpak"について:
■設立者:Kala Alexander
■設立:1993年
■メンバー:
Kaiborg, Makua Rothman, Bruce and Andy Irons, Kamalei Alexander,Chava Greenlee, Rico Jimenez, Aamion Goodwin, Jesse Merle-Jones and the rest of the Kaua'I boys
■活動内容:
ビーチクリーン。仲間や家族を守り、海の規制を正す。キッズサーファーの面倒をみる等。

Emiko 岩藤夕子(YUKO IWAFUJI)AD-N2号/AD-NORTHSHORE.comハワイ現地スタッフ
中学校からの夢”ビーチがあって英語を話すところに住む”を実行に移すため、日本在住中に英語を使う仕事を渡り歩き2002年に渡ハ。以来、現在までノースショア在住。2005年にAD-NORTHSHORE.COMを立ち上げる。現在日本の雑誌などでライターとして、ネットTVのナビゲーターとしても活躍中。
YUKOのノースショアブログ   ■ノースショア・コーディネートのご依頼はこちら

関連 YUKOブログ

YUKO
YUKOブログは「ユウコのノースショア ハワイライフ by ameblo」で更新中♪
最新のノースショア情報はこちらでチェック!


関連 ノースショアインタビュー

coco_img2.jpg

Vol.25 Coco Ho(ココ・ホー)/プロサーファー

父と叔父がサーフィン界で偉大な人物だってことに気がついたのは最近のことなの。草野球で勝ったんだな、みたいにしか捕らえてなかった。(笑) カエルの子はカエルっていうけど、まさにパイプマスターズのお父さん(マイケル・ホー)と、叔父さん(デレック・ホー)の血を継いで、今は世界のトップツアーで活躍中のCoco Ho(ココ・ホー・・・【続きを読む】
Alexandra_img2.jpg

Vol.23 Alexandra Florence(アレキサンドラ・フローレンス)/ジョンジョンのお母さん

相手は子供よ。押し付けられたら逃げ出すでしょ、絶対に。本人に任せて楽しんでもらっているうちに今の位置に到着してた。 同じノースショアに住んでいながらも話すらもした事のない女性サーファーがいました。 彼女の方は私を知らないと思う。でも、私は彼女を知っていました。知っていたどころか、私にとって気になる存在だったんです。同じ・・・【続きを読む】
becky_img1.jpg

Vol.22 ベッキー・ジョンソン/サンセットビーチ小学校の先生

60年代は、住民も今に比べて少なかったし観光客も少なかった。会う人、会う人、知ってる人のような時代(笑) 今回は優しい笑顔がトレードマーク、ノースショアのローカルキッズをサンセットビーチ小学校で教えるベッキー・ベンソン先生。実は知る人ぞ知る。元ワールドツアー3位の実力の持ち主。しかもリーシュコードが無い時代から、大波に・・・【続きを読む】
tanaka_img1.jpg

Vol.20 田中秀吉/プロサーファー

パイプとか滑れる様になりたい。バックサイドだけどあのチューブに入れたら気持ちいいだろうな。 今回のインタビューは田中秀吉プロ(以下田中プロ)。ビラボンを始め数社とのスポンサー契約を持ち、JPSA(日本のトップサーフィンツアー)の2006年チャンピオンでもあるトッププロ。 今回のインタビューの中で出てくるオフザウォールで・・・【続きを読む】

コメント

|yuko|サーフィン|
ノース在住、2号YUKOのブログ グラススカートグリルの公式ブログ
ハワイ・オアフ島ノースショア地域 スタッフ厳選のおすすめ情報 ノースショアの良い所インタビュー!