ノースショアインタビュー!AD-NORTHSHORE.com

■Home > ノースショアインタビュー > Vol.10 ウォルター山田/純粋な日本の血を引くハワイ日系3世

Vol.10 ウォルター山田/純粋な日本の血を引くハワイ日系3世

掲載日:2006.11.07

Vol.10 ウォルター山田/純粋な日本の血を引くハワイ日系3世
子供の世代はアメリカの文化の影響が強くってね。悲しいけど、時代の流れなのかな。
今回は日系3世のウォルター山田さん。多種多様な人種が集まるハワイ。以前は、各人種の割合がはっきりと数字で表れていましたが、異人種同士の結婚、国際結婚が一般的となった現在では人種間のミックスが多くなり、純粋な血を引く4世以降が少なくなっています。もちろん日系も例外ではありません。それにともない、先人が伝えたそれぞれの国の文化や風習も薄れつつあるようです。そこで純粋な日本の血を持ちながらアメリカで生まれ育ったウォルターさんに、昔から現在までの暮らしについて伺ってみました。

Vol.10 ウォルター山田/純粋な日本の血を引くハワイの日系3世 インタビュー AD-N2号:
私は日本で生まれ育ちました。日本から来ている1人として、ウォルターさんのように日本人としてアメリカで生まれ育った方の暮らしぶりにとっても興味があります。
その辺について今日はお話をお伺いできたらと思ます。
Vol.10 ウォルター山田/純粋な日本の血を引くハワイの日系3世 ウォルター:
僕のおじいさんは新潟県のムラカミからサトウキビ畑のプランテーションワーカーとしてハワイに移住してきたんだ。おばあさんは福島県から。

AD-N2号: ここノースショアにですか?
ウォルター:
そう、ワイアルアのシュガーミルにね。
おじいさんはキャビネットなどをつくる仕事もしていたんだ。だからその影響をうけて僕の父は大工。そしてシュガーミル工場のスーパーバイザーもしていたよ。僕が生まれ育ったのはノースショアのカワイロア(Kawailoa)ってところなんだ。

Vol.10 ウォルター山田/純粋な日本の血を引くハワイの日系3世 AD-N2号:
あっ、そこ知ってます。昔はそこに教会や、ジムや、ひとつのコミュニティーがあったんですよね?

ウォルター:
そうだよ。100軒くらい家があったかな。ハレイワを過ぎてKAM HWYをワイメア方向に進んでいってすぐのところ、そこに右に曲がる道がある。今はゴミ捨て場になっちゃってるけど。
AD-N2号: ラニアケアビーチの手前でしたっけ?
Vol.10 ウォルター山田/純粋な日本の血を引くハワイの日系3世 ウォルター:
大分手前だな。牧場があるだろ?その手前ぐらいかな。
そこはワイアルアのプランテーションで働く人が住んでいる場所だったんだ。フィリピン人、ポルトガル人、日本人といろんな人種が住んでいたよ。いいところだったな。丘の上にあるからハレイワの町もワイアルアも一望できたんだ。 その当時、ワイアルアシュガーミルCo.(1898〜1996年)は働き手の面倒をよくみてくれてたから家もみんなきれいだったし、手入れがよく行き届いていたんだよ。でもだんだんサトウキビの価値が下がっていって、会社の業績が下がるにつれて、このカワイロア地区に回すお金がなくなって、それでとうとう1970年代には取り壊しになったんだ。

AD-N2号:ウォルターさんはいつまでそこに?
ウォルター:
高校卒業までそこに住んでいたよ。
うちの母はそこで小さなお店を経営してしていてな、学校から帰ってきては店の手伝いをよくさせたれたもんさ。

AD-N2号:どんなお店だったんですか?
ウォルター:
小さなよろずやだよ。名前はカワイロア・ストア。僕の仕事はお客さんにトラックで商品を配達することだったんだ。
お米とか、1人じゃ運べない大きいものを配達してた。昔は今と違って可能なものはみんな自分で作っていたんだ。ゴボウ、大根、レタス、玉ねぎ、青ネギってね。みんなにわとり飼っていたから卵には困らないし、鶏肉にも困らなかったよ。食べたければ、自分で絞めればいい。だからお店に置いてあるものも今と少しちがうかな。

AD-N2号:えっ?にわとり、殺すんですか・・・そうですよね・・・
ウォルター:(笑)昔はうさぎも食べたんだ。鶏肉みたいでおいしいんだよ。
AD-N2号:驚驚驚

AD-N2号:主なご飯はずっと日本食ですか?
ウォルター:
そうだな。朝は味噌汁(必ずたまご入り)とごはんだな。
おばあさんは本当に何から何まで自分で作っていたんだ。
おしんこもそうだけど、鰹節まで作っていたよ。おじいさんが釣ってきたかつおを天日干しにしてカツオを乾かすだろ。僕たちが学校から帰ってきて食べるお昼ご飯っていったら、ご飯とおしんこ、そしてそのご飯の上におばあさんがカツオをすってくれるんだ。そこにお茶をかけて・・・

AD-N2号&ウォルター: お茶漬け!!

AD-N2号:うわーーー!それってすごくおいしいそう!!
ウォルター:
ははは おじいさんとおばあさんはとっても苦労したって聞いているよ。
住み慣れた日本を離れてのハワイでの生活は大変だっただろうね。おばあさんはほとんど英語はしゃべれなかったし。

Vol.10 ウォルター山田/純粋な日本の血を引くハワイの日系3世 AD-N2号:
ウォルターさんの日本語はそのおばあさまからなんですか?
ウォルター:
それもそうだけど、2年間だけ、日本語学校に行っていたよ。
もう、イヤでイヤでねぇ。イヤだから全然授業に集中せずにいっつも頭を叩かれてたよ(笑)
日本語学校は放課後にいかなくちゃいけないんだ。朝8時〜3時まで学校でそのあとにね。周りの友達が遊んでいるのを横目に更に2時間の授業。遊びに行きたくてウズウズしていたんだよ。そんな状態だったから全然身にならなくて2年でやめたんだ。今となっちゃ、ちゃんといっとけばよかったなってものすごく後悔しているよ。そうしたらもうちょっと日本語も話せただろうに・・・・。

AD-N2号:
今からでも遅くないですよ〜是非、がんばってください!
ところで、ウォルターさんの一番好きな日本食ってなんですか?
ウォルター:チキン・ヘッカ!!SUKIYAKIだよ!!

AD-N2号:
すき焼きですか〜!・・・って、ちょっとまって下さい。
すき焼きの前に今なんていいました?チキンなんとかって?
ウォルター:
(笑)これ、何語なんだろうな?
日本に行ったときも通じなかったんだ。ヘッカっていってHEKKAって書くんだけど、僕たちはSUKIYAKIと言わずに、チキン・ヘッカって言うんだ。

AD-N2号:へぇ〜おもしろい。それにチキンなんですか?私の知る限りではすき焼きは牛かと・・・・・。
ウォルター:さっきも話したようにチキンはいつも身近にいたから僕たちのSUKIYAKIは鶏肉なんだ。

AD-N2号:この違いが面白いですね。
ウォルター:
でも、こういう日本文化が受け継がれているのも僕たち3世までかな。
4世、つまり自分の子供の世代はアメリカの文化の影響が強くってね、日本語はほとんど知らないし、日本文化に関心のあるものも少ないんだ、残念だけど。そして結婚も僕たちまでは日本人同士の結婚がほとんどだったけど、僕の子供は本土の白人と結婚したり、いろいろなミックスの人と結婚したりで状況が違うんだな。
例えば、お正月におせちを作ってたべるだろ?
それも僕たちの世代はちゃんと意味を習って食べたんだ、タイはおめでたい、黒豆はマメに生きるってね。
でも今の世代はその意味を伝えても、「だから?」みたいな態度なんだな。
悲しいけど、時代の流れなのかな。

AD-N2号:
日本でも昔からの慣わしやしきたりなどは薄れていってますから、しようがないことなんでしょうか。
でもやっぱり寂しいですね・・・・。
さて、ウォルターさんは、よく日本には行かれるそうですが、次回はどこへ?
ウォルター:
うーーん。一ヶ月前に行ってきたばかりだから次の予定はまだ全然たてていないけど、でもこの頃、日本の歴史に興味があるんだ。ハワイのKIKUテレビで放映される"そこが知りたい"とかみて勉強しているんだけど、この間日光に行ったときにとっても興味深かったんだよ、背景を少しでも知っているとね。
だから今度はもっと勉強していろんなことを見てみたいな。

AD-N2号:
今日は、長い間インタビューにお付き合いくださってありがとうございました。
また、いろいろとお話を聞かせてくださいね。
ウォルター:もちろん!いつでも遊びにおいで。

インタビュー後記:
いつも気さくなウォルターさん。いろいろな昔話をしてくれるのでまるでおじいちゃんが出来たよう!!
今度の時は是非、昔の写真を見せてください!とのリクエストにも
わかった、探しておくよ! とやさしいお答え。
カワイロアにまだコミュニティが存在していた当時の写真など、是非見てみたい。

いろんなところに旅に出たけどやっぱりハワイが一番だそうです。
今はお仕事もリタイアされ、毎日のんびりとビーチに散歩に行ったりお孫さんと遊ぶのに時間を費やしているのだそう。奥様がつくる味噌汁よりも自分が作るほうが子供にも、孫にも受けがいいんだとうれしそうに話すのをみているとこっちまでうれしくなってしまいました。

彼のおじいさま、おばあさまの大変な時代があったからこそ、今ハワイには日本文化が生きていて、そしてそのおかげで簡単に日本食が手に入ったり、炊飯器が普通に使われていたり、私たち日本人がハワイに来てなんだか懐かしいって思うことができたりするのだなと改めて感じたインタビューでした。
がんばって下った昔のみなさんに感謝しなくてはいけないですね、ありがとう。

Emiko 岩藤夕子(YUKO IWAFUJI)AD-N2号/AD-NORTHSHORE.comハワイ現地スタッフ
中学校からの夢”ビーチがあって英語を話すところに住む”を実行に移すため、日本在住中に英語を使う仕事を渡り歩き2002年に渡ハ。以来、現在までノースショア在住。2005年にAD-NORTHSHORE.COMを立ち上げる。現在日本の雑誌などでライターとして、ネットTVのナビゲーターとしても活躍中。
YUKOのノースショアブログ   ■ノースショア・コーディネートのご依頼はこちら

関連 YUKOブログ

YUKO
YUKOブログは「ユウコのノースショア ハワイライフ by ameblo」で更新中♪
最新のノースショア情報はこちらでチェック!


関連 ノースショアインタビュー

Heather_img1.jpg

Vol.18 Heather Brown(ヘザー・ブラウン)/アーティスト

あのとき、自分にチャンスを与えてなかったら・・・きっと今頃まだ幻を探してたと思う。 コクアフェスティバル、ハレイワアートフェスタ、トリプルクラウン(彼女のサイトで公開)そしてRip Curlと次々に仕事を引き寄せるハレイワの人気アーティストHeather Brown(ヘザー・ブラウン)。その人気をまったく鼻にかけず、誰・・・【続きを読む】
orchidshow_img1.jpg

Vol.15 第54回クニア オーキッド ショー

第54回クニア オーキッド ショー in ワヒアワ 今回は趣向を変えて、ハワイでも人気のオーキッドショーレポートをお届けします!毎年この時期になると開催されるオーキッドショー。 今まではクニアで開催でしたが、今年から土地の問題でワヒアワへ移動になりました。だから名前も第54回 クニア オーキッド ショーなのです。 by・・・【続きを読む】
ryansbp_img1.jpg

Vol.12 ノースショアのロコ流お誕生会/豚を丸焼きの巻

何歳だってありなのです!生まれも育ちもオアフノースショアの完全ロコボーイのお誕生日会 ハワイでの(アメリカでの)お誕生日会は大きく分けて二通りあります。本人には内緒でビックリさせるサプライズパーティと、お誕生日の本人がパーティの企画・主催をするパターンです。どちらも共通しているのが、アメリカでは何歳になっても誕生日を楽・・・【続きを読む】
jill_img1.jpg

Vol.09 ハイビスカス・レディ/ハイビスカス交配

私の育て方は、新しい種類のハイビスカスを何度も咲かす事が出来るのよ。 今回は、ハイビスカス交配の第一人者。『ハイビスカス・レディ』の名で知られるジルさん。彼女は様々な種類のハイビスカスを交配させ、独自のサイズ、色、形の新種のハイビスカスを産み出す。一般的な方法では交配に成功しても、同じ花を再度咲かせる事が難しいといわれ・・・【続きを読む】

コメント

|yuko|歴史|
ノース在住、2号YUKOのブログ グラススカートグリルの公式ブログ
ハワイ・オアフ島ノースショア地域 スタッフ厳選のおすすめ情報 ノースショアの良い所インタビュー!