ノースショアインタビュー!AD-NORTHSHORE.com

■Home > ノースショアインタビュー > Vol.13 Jamie O'Brien(ジェイミー・オブライエン)/プロサーファー

Vol.13 Jamie O'Brien(ジェイミー・オブライエン)/プロサーファー

掲載日:2007.10.20

Vol.13 Jamie O'Brien(ジェイミー・オブライエン)/プロサーファー
人生の中で本当にやりたい事は何かを決めて、常日頃からそれに向けてフォーカスするんだ。
ジェイミー・オブライアン23歳。自身が打ち出したモットーを、まさに忠実に生きているノース在住の青年です。驚くことには、その証を、と〜ってもリスキーなパイプラインのチューブの中で魅せ続けているってことなんです。現在、世に出ているプロサーファーのほとんどは、WCTツアー(サーフィンの世界大会ツアー)での成功を目指していますが、彼の目標は一風。世界最美、世界最大、世界最強といわれているパイプラインの波で魅せることなんです。
by Emiko

 レッテルが無い目標を掴むのは簡単な様で簡単なことではありません。しかも計り知れないマザーネーチャー相手です。精神的にも肉体的にも強靭な力が必要という事です。そんな難関に挑むジェイミーですが、実際に2004年にはトライアルから勝ち上がって、ケリースレーターを含んだ強豪WCT連中をバタバタ倒し、見事にパイプラインマスターズに輝きました。
ツアーを廻っていないのに多額な契約金を貰った数少ないサクセスサーファーであるそのジェイミーが、AD-NORTHSHORE読者の為にインタビューに答えてくれました。

Vol.13 Jamie O'Brien(ジェイミー・オブライエン)/プロサーファー インタビューemiko エミコ:
2000年にパイプラインマスターズになったし2006年にパイプのチャンピオンに輝いたというのに、どうしてジェイミーは世界ツアーを回っていないの?

Vol.13 Jamie O'Brien(ジェイミー・オブライエン)/プロサーファーのサムネール画像 ジェイミー:
実は俺、WQS(WCTの出場権を争うツアー)には5年ほどトライしたんだ。けどね、波が良くないからモチベーションをあげる事が出来ない。全くツアーの楽しいところを見付けられなかったんだ。
で、そんな所で足踏みしているよりも、自分が本当にフォーカスできる道を見付けた方がいいだろうと思ってね、ツアーから身を引いたんだ。
ラッキーにもスポンサーたちがその事を理解してくれた。感謝してるよ。
(実際に彼はツアー大会で成績が出せない年も、パイプラインの戦いではトップに残った。現在多くのサーフィンファンたちには、"ジェイミーこそが本物のパイプ名手だ"と言われている。)

Vol.13 Jamie O'Brien(ジェイミー・オブライエン)/プロサーファーのサムネール画像 エミコ:現在のプロ活動を具体的に挙げると?
ジェイミー:
自分が本当にやりたい波での大会、ようするにパイプだけど、そこで良い成績をあげること。それと、世界各国をサーフィンして廻り、それをフィルムに収めてDVDを発売する。この2つ。俺のプロ活動のポイントは、世間一般が敷いたレール(ワールドツアー)の上を歩かなくても、サーフィンのスキルは伸びる、という事をアピールする事なんだ。

エミコ:
そのDVDについて、もう少し詳しく聞かせて。
全て自分で制作しているって事を以前聞いたけど?
ジェイミー:
うん。そうなんだ。
誰かに委託すると著作権だのって、コレまた問題が生じやすいしね。
自分でやった方がスッキリいくし。それよりも好きなんだよ。
自分だけのモノを自分で作るっていうのが。

Vol.13 Jamie O'Brien(ジェイミー・オブライエン)/プロサーファー エミコ:具体的な制作方法を教えて。
ジェイミー:
例えばパイプで波乗りしてる日。海の中でベスト尽くしてれば頼まなくても多くの人が撮ってくれているからね。
(通常シーズン中は20人位並んで撮っている)
海から上がってきたら直ぐに浜に立っているカメラマンたちにその自分が納得いった波乗りを撮ってくれたかを聞いて廻り、その場で見せてもらう。気に入ったら、その波の所の数秒だけを、その日のうちに(大抵は現金で)譲ってもらうんだ。
そんな形だから、セッションのあった日の夜には、気に入った自分のライディングの画像が自分のPCに取り込めているんだ。

Vol.13 Jamie O'Brien(ジェイミー・オブライエン)/プロサーファー 世界中のサーフスポットを廻る時には話は別だけどね。誰もいない様な所での波乗だから、カメラマンは立っていない。その場合だけは気の知れたカメラマンを雇って一緒に旅してもらって、撮ってもらってる。
で、ある程度いいのが溜まったところで、自分で編集にエディティング。
そしてDVDが完成するんだ。
Vol.13 Jamie O'Brien(ジェイミー・オブライエン)/プロサーファー でも売るパーツとなると自分の力だけじゃ無理だからね。
行商して廻る時間は無いから(笑)
例えば日本では、マニューバーラインが代理になって販売してくれてるんだ。
Vol.13 Jamie O'Brien(ジェイミー・オブライエン)/プロサーファー エミコ:世界で一番尊敬している人は?
ジェイミー:
父親。片親でいながらも自分をココまで育ててもらった上、フォーカスすることの大切さ を教えてくれた人だから。それと陰でサポートしてくれているマイガール、スター。 (日系の奇麗な人。日本でテレビや雑誌で活躍しているモデル。)

エミコ:
今年のパイプでも魅せてくれることを楽しみにしているね。
(去年はトライアルから勝ち進み、惜しくもセミファイナルで敗退)
ジェイミー:
ありがとう。
詳しくは、俺のDVDや活動が見れる俺のサイトもヨロシク。
【ジェイミー・オブライエン オフィシャルサイト】
http://www.jamieobrien.com/
取材・文:エミコ・コーヘン/写真:ゴルジーニョ

インタビュー後記
始めてジェイミーに会ったのは彼が7歳くらいの時でしたね。うちのプールの掃除家さん(パイプラインのライフガードでもあった)が『息子のジェイミー。学校が休みだから連れてきたけど、泳がせてもいい?』と父親に連れてこられたのが最初でした。親父はビール好きで気のいいオージーだし、そばかすだらけで痩せっぽっちでおとなしーい子供。

それがまさかねえ。その10年後にパイプラインマスターズに輝くなんて。わからないモノです。
あっ、でも一つ思い当たる節はある。今WCTのフレッド・パタチアなんかと同期だった仲間とほとんどつるんでいないで、他の子供がワイワイとロッキーで波のりしているのに対し、ジェイミーはいつも一匹オオカミで、ひたすらパイプエリアでサーフィンしてましたね。一緒にタウンで波乗りした時はそのパドルの早さに驚きましたっけ。
しかしですよー。
小さな子供にとって(大人にとっても)パイプの波はお化けよりも怖いものなのに頑張ってた。
今考えると、やはり栄光の陰には重ねた努力があるってことなんでしょうねえ。

Emiko Emiko(旧姓:堺 恵美子)
元ボディボード日本チャンピオン、世界大会5位のキャリアを持ち、95年女性枠がなかったGOBのパイプラインコンテストで、女性として初めてエントリーし男性選手とヒートを争った経歴を持つ。
現在は、初心者から上級者まで対応のボディボード&サーフレッスンを開催する他、日本の雑誌などでインタビュアー&ライターとしても活躍中。
Emikoのボディボード&サーフレッスン詳細   ■Emiko運営の宿泊施設詳細
Emikoのブログ「ハワイ・ノースショアから観る世界」

関連 YUKOブログ

YUKO
YUKOブログは「ユウコのノースショア ハワイライフ by ameblo」で更新中♪
最新のノースショア情報はこちらでチェック!


関連 ノースショア情報

emikobb_img1.jpg

EMIKO ボディボード&サーフィン レッスン

元日本チャンピオンEMIKOさんのボディボード&サーフレッスン!初心者からハイレベルまで ロコのライフスタイルに触れながら、青空の下で波にのる。そんなスペシャルな体験をしたいなら、コチラのボディボードorサーフィンレッス・・・【続きを読む】
pupukeahill_img.jpg

Pupukea Hill/ププケアヒル

海が好き、そして静かな環境が好き!そんな方にお薦めのププケアの隠れ家コテージ シャークスコーブ、スリーテーブルから見える、ノースショア・ププケアの丘に建つ緑豊かなコテージ。高台にあるこちらは素晴らしい眺望が人気。広大な北・・・【続きを読む】
triplecrown_img1.jpg

Billabong Pipeline Masters/パイプラインマスターズ

パイプラインで開催されるトリプルクラウンの第3戦 世界トップレベルのプロサーファーが集結する大イベント「トリプルクラウン」。最終戦となるのが「Billabong Pipeline Masters」、最強のバンザイパイプラ・・・【続きを読む】
vans_world_cup_of_surfing_img1.jpg

Vans World Cup of Surfing/ヴァンズワールドカップ

サンセットビーチで開催されるトリプルクラウンの第2戦 世界トップレベルのプロサーファーが集結する大イベント「トリプルクラウン」。第1戦のReef Hawaiian Proに勝ち残った選手が、サンセットビーチで開催される「・・・【続きを読む】

関連 ノースショアインタビュー

noelani_img1.jpg

Vol.26 Noelani Love(ノエラニ・ラブ)/ノエラニデザイン デザイナー

インスピレーションを得てもらいたいから、ジュエリーの素材はすべて自然からの恵み ジュエリーの素材はすべて自然からの恵み。飾らない肌に自然の恵を身につけることで、自分も自然の大切な一部だと感じることができる。その感覚は、安定した自信へと繋がるもの。内面を充実させてこそ人は美しく輝けると思うの。それぞれの自然の恵からインス・・・【続きを読む】
coco_img2.jpg

Vol.25 Coco Ho(ココ・ホー)/プロサーファー

父と叔父がサーフィン界で偉大な人物だってことに気がついたのは最近のことなの。草野球で勝ったんだな、みたいにしか捕らえてなかった。(笑) カエルの子はカエルっていうけど、まさにパイプマスターズのお父さん(マイケル・ホー)と、叔父さん(デレック・ホー)の血を継いで、今は世界のトップツアーで活躍中のCoco Ho(ココ・ホー・・・【続きを読む】
Alexandra_img2.jpg

Vol.23 Alexandra Florence(アレキサンドラ・フローレンス)/ジョンジョンのお母さん

相手は子供よ。押し付けられたら逃げ出すでしょ、絶対に。本人に任せて楽しんでもらっているうちに今の位置に到着してた。 同じノースショアに住んでいながらも話すらもした事のない女性サーファーがいました。 彼女の方は私を知らないと思う。でも、私は彼女を知っていました。知っていたどころか、私にとって気になる存在だったんです。同じ・・・【続きを読む】
becky_img1.jpg

Vol.22 ベッキー・ジョンソン/サンセットビーチ小学校の先生

60年代は、住民も今に比べて少なかったし観光客も少なかった。会う人、会う人、知ってる人のような時代(笑) 今回は優しい笑顔がトレードマーク、ノースショアのローカルキッズをサンセットビーチ小学校で教えるベッキー・ベンソン先生。実は知る人ぞ知る。元ワールドツアー3位の実力の持ち主。しかもリーシュコードが無い時代から、大波に・・・【続きを読む】

コメント

|Emiko|サーフィン|トリプルクラウン|
ノース在住、2号YUKOのブログ グラススカートグリルの公式ブログ
ハワイ・オアフ島ノースショア地域 スタッフ厳選のおすすめ情報 ノースショアの良い所インタビュー!